ニュース | 静岡県の紅葉人気ランキング

2017-10-23

紅葉マップ



NO.1 寸又峡

場所:静岡県榛原郡川根本町寸又峡

紅葉の見頃:10月下旬~11月下旬

大井川支流の渓谷で、エメラルドグリーンの湖面と渓谷の色づきとのコントラストが見事。ゆっくり散策できるコースが整備されていて、清流の様々な眺めを満喫できる。圧巻は長さ90m、湖面からの高さ8mの「夢の吊橋」。揺れる橋の上からサクラやカエデ、ケヤキなどで紅葉に染まった絶景を楽しめる。

交通アクセス:大井川鉄道本線千頭駅から大井川鉄道バス寸又峡温泉行きで40分、終点下車、徒歩30分



NO.2 修善寺虹の郷

場所:静岡県伊豆市修善寺4279-3

紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬

特色:这里拥有伊豆最大的红叶林。虹之乡最大的特色是除了日本本土红叶外,还拥有西方品种的红叶,总共2000多棵。在日本古民家的建筑衬托下,这里的秋意显得更有韵味。修善寺虹の郷は、SLと自然が楽しめる広大な花の国。園内には自然の丘陵地を活かした1000本の「もみじ林」や、和風情緒たっぷりの日本庭園、フェアリーガーデンのラクウショウやアメリカフウの紅葉などがあり、和・洋風あわせて約2000本の紅葉めぐりを楽しむことができる。

交通アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から中伊豆東海バス虹の郷行きで20分、終点下車すぐ



NO.3 小國神社

場所:静岡県周智郡森町一宮3956-1

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬

小國神社の祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、いわゆる大国主命(おおくにぬしのみこと)で「因幡の白うさぎ」でうさぎを助けた神様だ。境内はスギやヒノキの古木が立ち並び、荘厳な雰囲気が漂っている。境内を流れる宮川沿いにある大小約1000本のモミジが色づいた眺めは壮観だ。夜間参拝については要問合せ。

交通アクセス:天竜浜名湖鉄道遠州森駅からタクシーで10分(日曜、祝日および特定日は遠江一宮駅から無料送迎バスあり、要問合せ)



NO.4 熱海梅園

場所:静岡県熱海市梅園町8-11

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬

早咲きの梅で有名な熱海梅園は、約380本のモミジもあり、「日本で最も遅く紅葉を楽しめる名所」としても有名。特に園内中央の見晴台からの眺めがすばらしい。 「熱海梅園もみじまつり」期間中は園内のモミジをライトアップし、足湯などを開設する。

交通アクセス:JR伊東線来宮駅から徒歩10分



NO.5 梅ヶ島温泉

場所:静岡県静岡市葵区梅ケ島

紅葉の見頃:10月下旬~11月下旬

山梨県との県境近く、標高1000mほどの安倍川の源流近くにある閑静な温泉郷。仙人が発見したという伝説があり、開湯は1700年も前だといわれている。近くには「日本の滝百選」にも選ばれた「安倍の大滝」をはじめ、大小様々な滝が点在し、モミジやカエデ、ブナなどの紅葉の見どころとなっている。

交通アクセス:JR静岡駅からしずてつジャストラインバス安倍線梅ヶ島温泉行きで1時間49分、終点下車すぐ



NO.6 富士山スカイライン及び遊歩道

場所:静岡県富士宮市粟倉

紅葉の見頃:10月上旬~11月上旬

富士山の観光ルートを代表する富士山スカイラインは、標高600mから2400mの間で約26km続く。目の前に富士の雄姿、眼下に駿河湾を眺めるヘアピンカーブが連続するコースだ。イタドリ、カラマツ、イタヤカエデなどの鮮やかな紅葉の中をドライブした後は、五合目からの眺めや遊歩道の紅葉、宝永火口も楽しみたい。

交通アクセス:新東名高速道路新富士ICから国道139号・県道180号を経由し、県道152号を五合目方面へ車で40km(五合目駐車場)。



NO.7 接岨峡

場所:静岡県榛原郡川根本町梅地地先

紅葉の見頃:10月下旬~11月下旬

井川ダムから下流10kmにわたって続く大井川の渓谷。両側に山が迫り、切り立った絶壁を原始林の紅葉が飾る。高さ約70mの関の沢鉄橋からの眺めはまさに絶景。ミニ列車の車窓からのんびり眺めてみたい。

交通アクセス:大井川鉄道井川線接岨峡温泉駅からすぐ(接岨峡温泉入口)



NO.8 河津七滝

場所:静岡県賀茂郡河津町梨本

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬

河津では滝のことを「たる」と呼び、「河津七滝」は河津川にかかる7つの滝。上流から順に釜滝、えび滝、蛇滝、初景滝、かに滝、出合滝、大滝という。滝をめぐる遊歩道もあり、四季を通じて自然美が楽しめる。秋には「伊豆天城路もみじまつり」が開催され、多くの人が訪れる。

交通アクセス:伊豆急行河津駅から東海バス修善寺駅行きで25分、河津七滝下車、徒歩10分



NO.9 医王山油山寺


場所:静岡県袋井市村松1

紅葉の見頃:11月下旬~12月中旬

油山寺は目の霊山として知られ、紅葉時期には境内にある約1000本の鮮やかなモミジと寺のコラボレーションが楽しめる。また、国指定重要文化財の山門、三重塔、厨子や、県指定文化財の本堂、書院、方丈、天然記念物の御霊杉があり、文化財の宝庫としても知られる。

交通アクセス:JR袋井駅→車15分。または静岡空港→車1時間



NO.10 井川湖

場所:静岡県静岡市葵区井川

紅葉の見頃:11月上旬~中旬

昭和32年(1957)、日本初の中空重力式発電所「井川五郎ダム」の建設時に造られた、南アルプスの水が流れ込む周囲約10kmの人造湖。湖畔を巡る自然歩道からは四季折々の彩りや井川大仏を見学できる。紅葉時には湖面に紅葉が映り美しい。平成29年(2017)10月29日には「井川もみじマラソン大会」が開催される予定。今回はリバウェル井川スキー場(勘行峰)から県民の森間のコース。

交通アクセス:大井川鐵道井川駅→徒歩5分



秋天,让我们在这个最能领会心灵的沉淀,让人心神空明的季节里,相会静冈。在欣赏红叶的同时,我们也推荐你来品尝一下当季的怀石料理。怀石料理不仅食材随着季节变化,配菜的装饰也突出季节的特点,进入秋季,日本民众喜欢用柿子叶、小菊花、芦苇穗、枫叶等来烘托季节的气氛。当然,配合小编以往所推荐的静冈友好交流的话,相信一定能给大家带去一次非凡的静冈体验。


文:一般社団法人日中交流センター